お茶のおいしい季節っていつ?季節ごとに適したお茶もご紹介!

新着記事一覧

この機会に、美味しい入れ方や種類などお茶に関する知識を補ってみましょう。

お茶の産地から出荷時期、
そして淹れ方等を詳しくご紹介。

同じ茶葉でも、摘み取る時期が違うと味や効能が違うのはご存知でしたか?

ここでは茶葉に関する詳しい情報を載せています。

季節に最も適したお茶の種類や最も美味しいお茶の季節を理解して楽しむと共にお茶の健康効果も実感しましょう。

現代では、生活様式の西洋化や日常の忙しさによってお茶をゆっくりと味わう機会が少なく、美味しい入れ方や種類などお茶に関する知識がない若者が多くなっており、全てを一括りにしてお茶と呼んでいる始末です。お茶には、季節や生産時期によって新茶とも呼ばれる1番茶〜4番茶まであり、茶葉を収穫する時期で品質や味わいなどが大きく異なるだけで無く、被覆栽培による玉露や蒸す時間の長い深蒸し茶など様々な種類が存在します。その為、季節に最も適したお茶の種類や最も美味しいお茶の季節を理解して楽しむと共にお茶の健康効果も実感するべきです。

1番茶とも呼ばれる新茶の出荷時期と味わいの特徴

茶畑での茶葉摘み

新茶は、立春から数えて八十八日目にあたる5月2日前後に収穫されている茶葉であり、その年の1番最初に摘み取られる茶樹の新芽です。その為、2番茶や3番茶との分類上1番茶とも呼ばれています。新茶は、2番茶や3番茶に比べて渋みや苦みの原因となるカテキンやカフェインが少ない事から極上の品質とされ、古来より不老長寿の縁起物として珍重されて来た一品です。

日本茶は、濃厚な味わいと芳醇な香気のバランスに優れた「やぶきた」が代表的な品種として日本各地で栽培されていますが、玉露や甜茶用には「あさひ」や「さみどり」などの品種が用いられ、釜炒り茶用には「たかちほ」や「うんかい」などが用途に合わせて様々な品種が使い分けられているのが現状です。現在では、2003年の登録以降「やぶきた」よりも2日〜3日程度早生の「つゆひかり」が静岡県で新植される一方で、「やぶきた」よりも5日前後晩生の「ふうしゅん」が静岡県だけで無く宮崎県でも新植され、「ふうしゅん」の出荷量も増加しています。

亜熱帯地方のイメージ

茶樹は、インドやベトナムなどの亜熱帯地方を原産地とする事から栽培には気温14℃〜16℃が適温とされ、商業生産の北限は一般的に新潟県と茨城県とされていますが、栽培自体は青森県北部でも行われています。摘採時期は、国内で最も早い鹿児島県の種子島地方では3月下旬〜4月上旬に行われ、奈良県では5月中旬〜6月上旬に行われており、栽培される地域によっても生産時期とお茶が最も美味しい時期が異なります。

新茶は、3番茶や4番茶に比べて日照時間が著しく好きない事から旨味や甘味の成分となるアミノ酸の一種とされるグルタミン酸誘導体のテアニンの含有量が格段に多く、芳醇な香りや濃厚な味わいに優れているだけで無く成分的にも優れています。テアニンは、摂取する事によりリラックスの指標となるベルガーリズムの発生が促進され、ストレス抑制効果に加えて睡眠の質の改善や疲労感の回復にも有効です。

2番茶の最も美味しい時期と味わいの特徴

緑茶と茶葉

お茶は、みる芽摘みとも呼ばれる摘採り初期の茶葉の品質が最も良く、摘採初期でも後期になるほど品質が低下する特徴がありますが、摘採後期には品質が低下するものの収穫量が増加します。その為、第2開葉期〜第3開葉期に手摘みされる茶葉は新茶の中で最も品質が良く、第3開葉期〜第5開葉期以降に摘採される茶葉に比べて香りと味わいが濃厚です。2番茶は、新茶の摘採期終了後45日〜50日程度で摘採が開始されるのが一般的であり、鹿児島県の種子島地方では5月下旬〜6月上旬に行われ、奈良県では7月上旬〜7月下旬に摘採されています。

2番茶は、1番茶が摘採される4月〜5月に比べて季節の気温が高く日照時間も長くなる事から必然的に茶葉の生育速度が速くなり、新芽の発芽が停滞してしまう事から収穫時期が1番茶よりも短期間なのが特徴です。テアニンは、旨味成分とされるグルタミン酸の誘導体である事から含有量が多いほど濃厚な味わいとなりますが、茶樹の根で生合成されたテアニンは葉に蓄積される事から日照時間の増加はテアニンをカテキンに変化させてしまいます。カテキンは、フラボノイドの緑茶ポリフェノールである事から茶抗酸化力が非常に強く活性酸素の抑制に有効ですが、酸化される事により強い渋みを発するタンニンに変換されてしまい、2番茶は1番茶に比べて渋みが強いのが特徴です。

太陽

2番茶は、1番茶に比べて気温や日照時間に恵まれた季節に生育している事から茶葉の繊維質分が多い特徴があり、1番茶に比べて苦味や渋味が出やすい特徴があります。その為、やや低めのお湯で淹れて芳醇な香りと爽やかな甘味を楽しむ1番茶に対して、2番茶はやや熱めのお湯でしっかりと苦味と渋味を抽出して楽しむお茶です。2番茶は、1番茶に比べて茎部分が多く含有されている事から茶柱が立つ可能性が高く、茶柱と住宅の大黒柱とを結び付けて縁起が良いとして1番茶に比べて売れ行きの悪かった2番茶を売ったとする逸話も残されています。

3番茶と4番茶の摘み採り時期と健康に有効な成分

ペットボトルの緑茶

3番茶は、摘採時期に2カ月前後の違いがあった1番茶に比べて摘採時期が7月上旬〜8月上旬と全国的に同時期に行われる特徴があり、一年で最も気温が高く日照時間の長い季節に生育するので2番茶よりも茶葉が厚く硬い事から繊維質が多くなっています。3番茶は、日照時間が長い事からお茶の旨み成分のテアニンの多くが渋味や苦味の原因となるカテキンやタンニンに変換されており、まろやかな甘味の1番茶に比べて非常に渋味や苦味が強い茶です。その為、一般的な市場への流通目的で3番茶の摘採が行われる事は少なく、生産量のほとんどが飲料メーカーや医療関連の企業に出荷されています。

アンチエイジングにいいお茶

3番茶は、来年の1番茶の品質や収穫量に対する悪影響を懸念して苦味や渋味の強い3番茶を摘採する事なく、4番茶の摘採が行われる8月下旬〜10月上旬に掛けて秋冬番茶として製品化されています。4番茶や秋冬番茶は、新茶に比べて香りが非常に薄く渋味や苦味が強い事から流通価格が非常に安価であり、熱いお湯で淹れて強い苦味や渋味を抽出するよりも水出しで楽しむ方が良いお茶です。4番茶や秋冬番茶は、新茶に比べて強力な抗酸化作用や殺菌作用を有するカテキンやタンニンの含有量が極端に多く、肌の引き締め作用や美白作用などのアンチエイジング効果があるとされ、特にポリサッカライドを豊富に含有している秋冬番茶は注目されています。

ポリサッカライドは、免疫細胞のマクロファージを活性化する免疫ビタミンであり、摂取する事により加齢や過剰なストレスなどにより低下している免疫力を向上させる効果が期待できる事からガンや感染症の発症率を低下させる効果を有する物質です。また、免疫力の向上だけで無く血糖値を低下させる効果が得られるとして、食後に飲用する人が増加しています。ポリサッカライドは、ほうれん草やサツマイモなどの根菜類に豊富に含有されている物質ですが、自然摂取量が低下傾向にある事から秋冬番茶の飲用による摂取が効果的とされています。

いろいろなお茶の最も美味しい季節

新茶の茶葉

お茶には、蒸製の煎茶や玉露及び番茶などに加え、釜炒り玉緑茶及び釜伸び茶など様々な種類があり、季節ごとに適したお茶があります。新茶は、文字通りその年で1番最初に摘み採られたお茶である事から最も風味の高い季節は鹿児島県周辺なら4月上旬とされ、静岡県周辺なら5月上旬とされています。新茶は、渋味や苦味が少ない事が特徴なので70℃〜80℃程度のお湯で40秒程度の短時間で抽出するのがコツです。深蒸し茶は、一般的に30秒〜40秒の蒸し時間を約2倍に相当する60秒〜100秒まで延長して製造されるお茶であり、新茶よりも青臭さや渋味が少なく色の濃いお茶とされています。深蒸し茶は、茶摘みの童謡通りに八十八夜に摘み採られた茶葉を使用して製造されるお茶なので、深蒸し茶の最も風味の高い季節は5月上旬〜5月中旬です。

玉露の茶葉

玉露は、新茶と同様に今年1番最初に摘み採られる茶葉を蒸して乾燥させて製品化されますが、20日〜40日程度被覆栽培された茶葉を原料として製造されたお茶です。その為、旨味成分のテアニンがカテキンやタンニンに変換される事無く多く含有されている事から強い香気とまろやかな甘味が特徴ですが、被覆栽培するので収穫時期が若干遅れてしまい5月下旬〜6月下旬が最も玉露の美味しい時期です。かぶせ茶は、玉露と同様に被覆栽培を行いますが、被覆栽培の期間が玉露よりも1週間程度短い事から5月中旬〜5月下旬がかぶせ茶の最も美味しい季節とされています。抹茶は、5月2日前後に摘み採られる新茶を蒸して乾燥させると共に低温で半年程度熟成保存させる碾茶を製造し、碾茶を粉末状にして製品化される事から11月が最も美味しい季節と言え、茶道でも「口切りの茶時」が11月に行われています。抹茶は、摘み採りから半年にも及ぶ熟成期間を経て製品化される事から、蔵出し茶や封切茶及び熟成茶とも呼ばれているお茶です。

水道直結型(ボトルレス)ウォーターサーバー
おすすめランキング

水道直結型(ボトルレス)のウォーターサーバーを比較し、おすすめの商品をランキング形式でご紹介します。さまざまな側面から比較して、もっともニーズに合ったウォーターサーバーを選んでみてください。

1位COOL QOO(クールクー)

Coolqoo

初期費用 4,200円(税別)~
月額費用 4,200円(税別)~
電気代 月800円ほど
メンテナンス代 年1回(無料)
解約金 ご契約から36ヶ月以内の早期解約の場合には、早期解約手数料として1年以内30,000円(税別)、2年以内20,000円(税別)、3年以内10,000円(税別)がかかります。37ヶ月目以降/36ヶ月を超えてお使いいただいた場合には、早期解約手数料はかかりません。

撤去費用は、10,000円(税別)となっております。

水道直結型の「COOL QOO(クールクー)」は、大規模工場のろ過システムを採用した、小型のウォーターサーバーです。

定額のサーバー代だけで、しっかりとろ過された水を自由に飲むことができます。年に一度の有人メンテナンスも実施。逆浸透膜を使用したろ過システムが、放射性物質まで除去します。

特徴的なのは、通常の「ROろ過水」だけでなく、「ROろ過水素水」のコースが用意されている点です。美容に関心の高い方から注目を集めているお水は、女性からも好評となっています。現在、お友達紹介キャンペーンなどもありますので、お得に利用できるチャンスとなっています。

公式サイトはこちら ▶

2位ピュアウェーブ

水道直結で安心安全な温水と冷水が使い放題

初期費用 無料
月額費用 4,200円(税別)
電気代 月1,000円ほど
メンテナンス代 無料
解約金 3年以内に解約の場合は違約金が発生

「ピュアウェーブ」は、簡単に設置できる水道直結型のウォーターサーバーです。

水道に分岐具を取りつけて、そこから給水するため、難しい工事の必要がないのが特徴となっています。フィルター交換もワンタッチで行えるため、社内で交換するときにも困りません。ROフィルターでろ過された安心して飲めるお水を、定額で利用できます。

公式サイトはこちら ▶

3位楽水(らくみず)

樂水ウォーターサーバー

初期費用 無料
月額費用 4,250円(税別)
電気代 月1,000円ほど
メンテナンス代 無料
解約金 3年以内に解約の場合は、残り契約月数×レンタル料の40パーセントの違約金が発生

「楽水(らくみず)」は、水道直結型(ボトルレス)のウォーターサーバーです。

さまざまな料金プランが用意されているのが魅力で、ニーズに合わせて料金を比較検討できます。「お手軽プラン」ではサーバー代3,500円で初回設置工事費18,000円がかかりますが、「工事費無料プラン」ではサーバー代4,250円で初回設置工事費無料となっています。

買取プランも用意されていますから、必要に応じてプランを選んでみてください。

公式サイトはこちら ▶

ウォーターサーバー選びに困ったら「CoolQoo」がオススメ!

愛用者の声

ノンボトル・ウォーターサーバー「CoolQoo(クール・クー)」 愛用者様のお声。

CoolQoo除去機能
放射性物質 環境ホルモン カルキ ウィルス カビ 細菌 重金属 不純物
CoolQoo除去機能
放射性物質 環境ホルモン カルキ ウィルス
カビ 細菌 重金属 不純物

宅配水からCoolQooに乗り換えた97%が満足!!

神奈川県 H.Y様

ボトルなしが楽ちんすぎる♪ウォーターサーバーのストレス全てから開放された気分です!

東京都 R社

CoolQooで水代が激安に!設置箇所が水場と離れていたのですが、天井をつたい設置してくれました。穴もあけていません。

神戸市 商事

待合室に置いたら、好評!CoolQooは定額のため、会社の請求とともに増え続ける水代金の悩みがなくなりました。
ウォーターサーバーCoolQoo

カルキを除去した水は、雑菌が増殖しやすい為、飲料まで長期間経過する宅配水では、雑菌汚染のリスクが高まってしまいます。生活に欠かすことの出来ないお水だからこそ、安心と安全、そして美味しさを追求してみませんか?

公式サイトはこちら ▶