交通事故 弁護士

そもそも交通事故慰謝料は何のために支払われるのか

交通事故に限らず人に精神的な苦痛を与えたときには慰謝料を払うのが普通です。それは他人に与えた精神的な苦痛に対しては損害賠償を行わなければいけないことが法律で決まっているからです。これに関しては民法710条に次のような規定があります。

 

<民法第710条>「他人の身体、自由若しくは名誉を既存した場合又は他人の財産権を侵害した場合のいずれかであるかを問わず、前条(709条)の規定により損害賠償に責任を負う者は財産以外の損害に対しても、その賠償をしなければいけない」とあります。太字にしてある「財産以外の損害」というのが慰謝料の対象ということになります。したがって交通事故慰謝料とは、交通事故によって発生した財産以外の損害に対して支払われる賠償のことになります。

 

【交通事故慰謝料はケースによって基準が異なる】

 

では交通事故慰謝料はいかなる場合にも同じ基準で支払われるのかと言うとそうではありません。ケースによってそれぞれ異なった基準によって支払われますが、その基準は次の3つです。

 

<@自賠責基準>自賠責基準とは自動車損害賠償保障法という法律で決められている強制加入の自動車損害賠償責任保険で使われている基準です。
<A任意保険基準>これは保険会社が社内で任意に決めている基準のことで保険会社によって異なります。基準については一般には公開にはされていませんから内容は明らかではありません。
<B弁護士基準>弁護士基準とはこれまでの裁判などによって支払われた賠償額を参考にしながら、弁護士が仲介して保険会社と交渉を行うときに用いられる基準のことです。この場合弁護士は裁判を前提として保険会社と交渉を進めていきますから、場合によっては最大限の賠償金が支払われるケースも出てきます。

交通事故慰謝料を決める際はまず相場を知ることが大切

そもそも慰謝料とは何かと言いますと、財産権以外の損害に対する賠償のことであり、対象になるのは精神的・肉体的な苦痛に対して支払われるものです。したがって賠償金は苦痛の程度によって決まってくることになります。この”苦痛の程度によって決まる”という点がやっかいなのです。つまり苦痛の程度を測ることが難しいからです。それだけではありません。入院や通院など時間がかかるため自由が奪われたり、さらに様々な煩わしさを被るなどして、様々な精神的な苦痛を負わされます。

 

さらに仕事を休むことによって様々なマイナスの思惑が生じて、心理的苦痛はさらに増します。交通事故慰謝料とは、こうしたことを総合的に考え合わせながら決めて行かなければなりません。とは言え、慰謝料には相場というものがありますから、被害者が一方的に金額を決められるものでもありません。したがってまず大切なことは、適切な慰謝料の相場を知ることです。それに合わせて慰謝料の交渉に欠かせない示談金についても知っておく必要があります。

 

【慰謝料を考える上では示談金についてよく知っておく必要がある】

 

交通事故慰謝料を考えるときには、もう一方で示談金というものを忘れることはできません。ではこの示談金というのは慰謝料とどう違うのでしょうか。一言で言えば示談金には慰謝料が含まれている、ということです。つまり慰謝料は精神的・肉体的な苦痛に対して支払われるものです。これに対して示談金は交通事故被害者が受けたすべての損害を金銭に換算して被害者と加害者の双方が合意の上、損害賠償金として支払われるものです。

 

したがって当然のことですが、この中には精神的・肉体的苦痛に対する慰謝料が含まれており、それに加えて治療費、休業損失金、入院雑費、通院交通費なども含まれているのです。