お茶のおいしい季節っていつ?季節ごとに適したお茶もご紹介!

沢山のハーブティーの茶葉

お茶のおいしい季節っていつ?季節ごとに適したお茶もご紹介! > 季節の変わり目にはハーブティーを飲もう!夏や冬に飲むべきハーブティーとは?

季節の変わり目にはハーブティーを飲もう!夏や冬に飲むべきハーブティーとは?

季節の変わり目は体調を崩しやすく、体調を整えるためにハーブティーを飲むのがおすすめです。さまざまなハーブがあるので、夏や冬などそれぞれのシーズンに合わせるのが良く、効果が違っているので種類を知っておくと役立ちます。特徴を知ることで効果的に活用することができますので、生活に取り入れると健康の助けになります。

自然の力を利用して健康に役立てよう

ジンジャーティー

季節の変わり目に体調を崩してしまう、そういった人は多く、何とかしたいと考えるはずです。そこでおすすめしたいのがハーブティーで、自然の効能によって乱れた体のバランスを優しく整えてくれます。ポイントになるのが負荷をかけずに優しく行われるところで、薬を利用すると副作用の心配が出てきますが、天然の植物であるハーブはそういった心配がありません。安心して利用することができるので、上手く活用すると悩みを解決することができるはずです。

冬の寒い日にホットのハーブティーを飲むだけで体が温まるのが分かりますが、ここでより良いものを利用すると良いです。おすすめなのが「ジンジャー」で、生姜は昔から温活の王様と言われていて、西洋のハーブをイメージすると違和感を抱く人もいるかもしれませんが、生姜もハーブの一種になります。体を温める効能がとても高く、さらにリンゴやカモミールと合わせるとリラックス効果も加わるのでポカポカになるはずです。手軽に飲めるのもよく、長く続けられます。

暖炉の前にハーブティーを飲む男性

ハーブの魅力は体に負担をかけず、体質を緩やかに変化させていくところです。冷え性の方はエアコンやストーブで外部から温めても芯は冷え切っていて、何時までも寒さを感じているといった場合があります。寒い時に芯から温まるには生姜を利用するのが良く、お茶として飲むことで心のリラックスにもつながります。そのままでは苦手といった人も多いので、カモミールなどソフトな味わいのハーブを加えて、甘味としてハチミツを加えるのも良いです。毎日のみ続けていくことによって、冷え性の改善にもつながります。

ハーブティーは水分補給にも役立ってくれます

沢山のハーブティーの茶葉

ハーブティーはホットで飲むイメージが強いですが、夏場は水出しでアイスティーにするのもおすすめです。脱水症状を防ぐためには定期的に水分補給を行うのがよく、ミントなどサッパリとしたもの、ハイビスカスやローズヒップなどビタミンが含まれているタイプも良いかもしれません。ローズヒップはレモン以上のビタミンCが含まれており、日焼け対策にもなります。効能を知るとより効果的に利用できるので、自分に必要な栄養成分を考えて選ぶと役立つはずです。

水出しハーブティーの作り方は簡単で、ポットなどにハーブを入れてミネラルウォーターを注いで半日から1日かけてゆっくりと抽出していくと出来上がりです。放置しておけば簡単にできるので、忙しい人でも気楽に作ることができます。ミントは清涼感があるので、夏バテ気味の時などに飲むと助けになってくれるはずです。作っておけば冷蔵庫で1~2日は保管できるので、常備しておくと水分補給にも役立ちます。

ハーブティーと花

ハーブの魅力はそれぞれ効能が違っていて、ブレンドして飲んでも悪影響を与えることがないところです。薬と違って飲み合わせを考えなくて良いので、体に対する効果だけではなく、味や香りなどで選ぶこともできます。

自分のお気に入りのハーブティーを見つけておくと、精神面のリラックス効果も得られるので、疲れた時などにリフレッシュすることができるはずです。上手く活用すると毎日の生活に役立ってくれるので、積極的に取り入れてください。より効果を高めるには季節に合わせてハーブを選ぶのが良く、体に負担をかけずに乱れたバランスを正常化してくれます。

季節の変わり目にはハーブティーを飲もう!夏や冬に飲むべきハーブティーとは?を読まれたあなたにオススメの記事